HOME冠婚マナー>結婚記念日

結婚記念日


慣習

結婚記念日の発祥地はイギリスといわれています。19世紀のイギリスで、5年、15年、 25年、50年、60年と5回のお祝いをしていました。

これがアメリカに渡り、回数が増えました。 
日本では、明治時代、明治天皇が銀婚式にあたる「大婚25年祝典」を行ったのが最初とされており、その後、一般の人に広まりました。

現在では、1年毎、5年毎に夫婦や家族でお祝いをするのが定着してきています。

特に銀婚式(25年目)、金婚式(50年目)は、大切な夫婦の記念日として、子供や孫が計画し、親戚や知人を招いて、祝宴をすることも広く行われています。

結婚記念日の名称と贈り物

1年目  紙婚式        手帳・カードなど紙製品を贈る
2年目  綿婚式        Tシャツ・ハンカチなど綿製品を贈る
3年目  革婚式        バッグ、財布など革製品を贈る
4年目  書籍婚式/花婚式 書籍、花を贈る
5年目  木婚式        鉢植え、木製工芸品など木製品を贈る
6年目  鉄婚式        鍋など鉄製品を贈る
7年目  銅婚式        銅、ブロンズなど銅製品を贈る
8年目  青銅婚式       青銅の花器、電気製品などを贈る
9年目  陶器婚式       食器など陶器製品を贈る
10年目 錫婚式        アルミ製品のフォトフレームなどを贈る
11年目 鋼鉄婚式       文鎮、台所用品などスチール製品を贈る
12年目 絹婚式        スカーフ、ブラウスなど絹製品か麻製品を贈る
13年目 レース婚式      テーブルクロスなどのレース製品を贈る
14年目 象牙婚式       アクセサリー、印鑑など象牙製品を贈る
15年目 水晶婚式       アクセサリー、クリスタルなど水晶製品を贈る
20年目 磁器婚式       花瓶、茶碗など磁器製品を贈る
25年目 銀婚式        食器、銀をあしらった陶磁器など銀製品を贈る
30年目 真珠婚式       アクセサリーなど真珠製品を贈る
35年目 さんご婚式      アクセサリーなどさんご製品を贈る
40年目 ルビー婚式     アクセサリーなどルビー製品を贈る
45年目 サファイヤ婚式   アクセサリーなどサファイヤ製品を贈る
50年目 金婚式        金杯、金の時計など金製品を贈る
55年目 エメラルド婚式   アクセサリーなどエメラルド製品を贈る
60年目 ダイヤモンド婚式  アクセサリーなどダイヤモンド製品を贈る

贈るもの

結婚記念日の名称にちなんだ贈り物をするというのがならわしですが、現代では、そういったことにこだわらず、欲しいものを贈ったり、旅行券などのように夫婦で楽しむことができるものを贈るというのも 一般的です。

基本的に結婚記念日は身内のお祝いなので、 知人等の結婚記念をお祝いをするのは、 銀婚式と 金婚式、それ以外は夫婦や家族で贈り物をするということになります。

奥さんに贈る結婚記念日のプレゼントをお探しの方は、結婚記念日(奥さん)
ご主人に贈る結婚記念日のプレゼントをお探しの方は、結婚記念日(ご主人)
ご両親に贈る結婚記念日のプレゼントをお探しの方は、結婚記念日(両親)をどうぞ。

お祝い金額の相場

家族・親族 10,000〜30,000円
友人・知人 5,000円

水引と表書き

紅白の蝶結びで表書きは「御祝」「祝銀婚式」「金婚式御祝」等。下段は「子供一同」「孫一同」等。

お返し

お返しは基本的に必要ありません。祝宴を開いた場合は、引き出物を渡します。

Topに戻る