HOME冠婚マナー>タブーと贈り物

タブーと贈り物


慣習


昔から、贈り物にはタブーがあります。気にする人も多いので、一般的なマナーとして知っ ておくと相手に不快な思いをさせずにすみます。

タブー


お祝い全般

日本茶
仏事の贈り物として使われていた日本茶はお祝いの贈り物としては不適切。

結婚祝い

包丁・ナイフ 
「縁が切れる」という意味から。相手が希望している場合は問題ありません。

鏡・陶器  
「割れる」という意味から。ただし、最近は食器など、結婚祝いの定番ですし、ペアのグラスなどは人気の商品ですから、気にしなくても大丈夫です。
鏡は相手から希望がない限り、避けたほうが無難です。

その他 
贈る数に注意が必要です。偶数は仏事で使う数なので、奇数で贈るようにします。
ただし、ペア、半ダース(6)、1ダース(12)は一組と考えられるので問題ありません。
その他、4、9も避けるようにします。

新築祝い 引越し祝い

灰皿、ライター、キャンドルなど。 火事を連想させることから

お見舞い

タブーの花
鉢植え(根付く=寝付く)、シクラメン(死、苦に通じる)、椿(花が首から落ちる)、菊(葬儀を連想させる)、アジサイ(色があせる)、真っ赤な花(血を連想させる)

パジャマ、タオル
長期入院の場合には「寝付く」を連想させるので気にする人もいる

その他


死と苦を連想させる

履物・マット類
相手を踏みつけるを意味するので、目上の人に贈る時は注意

時計・かばん
勤勉を意味するので、目上の人に贈る時は注意

白いハンカチ
別れを連想させる

印鑑
「責任を持て」という意味になるので、両親、兄弟や上司以外が贈る時は注意 

現金
親しい間柄以外は、目上の人に贈ると失礼とされます。(災害見舞いはOK.。)現金に類する商品券なども同じなので、注意が必要。現金を贈る場合は、折じわのないきれいなものを銀行などで用意します。

Topに戻る