HOME冠婚マナー>七五三

七五三のマナー


慣習

七五三は3才(男女)、5才(男児)、7才(女児)の子供の節目に、健やかな成長を願って神社に参拝する儀式です。

お祝いの時期

江戸時代以降は11月15日に祝うようになりましたが、 現在では、11月15日にこだわらず、その前後の休日にお参りすることが多くなっています。

服装

最近では、レンタルの着物を利用したり、後々で使えるフォーマルな洋装を選ぶ家庭が増えています。

着物を選ぶ場合、子供にとってかなり負担になるので、無理のないスケジュールをたてることが重要です。
草履は写真撮影用にして、お参り用には別の履物を用意しておくと重宝します。

記念撮影は着崩れる前、お参りをする前か、別の日にするのがいいでしょう。 事前に予約しておきましょう。

親や祖父母は和服の場合は、訪問着、色無地、付け下げなどの略礼装か、スーツ・ワンピースなどのフォーマル感のある服装で十分です。

お参り

氏神様にお参りするのが基本ですが、希望があればどこでも構いません。
ただし、遠くまで行くと子供に負担がかかるので、行ける範囲の神社にするベストです。

おはらいをしてもらう場合には、事前に神社で確認をしておきます。神社によっては、料金が設定されているところもあります。

料金が設定されていない場合、一般的な目安は5000円〜10000円です。

祝儀袋は紅白蝶結び、表書きは「御初穂料」「御玉串料」とし、下段に子供の名前を書きます。

参拝の後

昔は、親戚や近所の人に挨拶まわりをして、赤飯や千歳飴などを配りながら子供の成長をお披露目していましたが、最近は省略することも多くなっています。

挨拶まわりをする場合には子供も慣れない装いで疲れているので、、無理のない範囲で行います。
最近は家族だけで、お祝いをするというケースも増えています。

その後は、自宅で、ちょっとした祝い膳を用意したり、レストランなどでお祝いしたりして楽しく会食します。

贈るもの

七五三は親が子供を祝う行事なので、お祝いは祖父母など身近な人が贈るのが一般的で、それ以外の人は必要ありません。

親しい間柄であれば、事前に相談して、晴れ着に必要な小物類(りぼん、扇子、草履など )、 又、おもちゃや絵本などか現金が多いようです。

贈る時期は晴れ着関係ならば、10月半ば、それ以外なら当日までに贈ります。

水引・表書き

紅白蝶結びの水引で、表書きは「御祝」「七五三御祝」。

お祝い金の相場

つきあいに応じ、贈る場合は、 5,000円〜10,000円

お返し

本来はお返しは不要ですが、1/3〜半額位でお赤飯、お菓子などをお返しすることが一般的になっています。

Topに戻る