HOME冠婚マナー>お七夜

お七夜のマナー


慣習

赤ちゃんの健やかな成長を願って、誕生してから7日目にお祝いと命名式を行います。

昔は、生まれてまもない赤ちゃんの死亡率が高かったため、お七夜は重要な節目で、親類縁者で祝い膳を囲み、盛大なお祝いをしました。

最近では産後まもないお母さんや、赤ちゃんの健康状態を考慮して、お七夜を省略したり、退院祝いを兼ねて、内々でお祝いする方が多くなっています。

命名式(略式)

半紙や市販の命名紙の中央に「命名 ○○」、左側に赤ちゃんの生年月日を書きます。

神棚か仏壇、なければ、鴨居や、ベビーベット・赤ちゃんの枕元の壁・柱に1ヶ月ほど貼り付けておきます。

その後は、記念にとっておきます。

Topに戻る