HOME冠婚マナー>お宮参り

お宮参りのマナー


慣習

氏神様に初参りして誕生を報告し、幸せと健康を祈願します。

男の子は生後30日か31日、女の子は生後31日か32日というところが多いようですが、生後30日前後で、お母さんや赤ちゃんの体調や天候がよいときに決めます。

父方の祖母が赤ちゃんを抱き、母親を従えてお参りするのが正式ですが、 最近では、親子だけでお参りしたり、両家が揃ってお参りしたりとさまざまになっています。このような場合は誰が抱いても問題ありません。

参拝だけでも構いませんが、神社で祈祷してもらう場合は事前に予約をしておきます。

お礼は神社によって決まっている場合が多いので、事前に確認しておきます。

白い封筒か紅白蝶結びの祝儀袋を使い、表書きは「御初穂料」、「御玉串料」とし、下段に赤ちゃんの名前を書きます。

お宮参りの祝い着・服装

正式には赤ちゃんは無地の着物の上に男の子なら鷹や鶴の絵柄の熨斗目広袖、女の子なら絵羽模様の友禅広袖の祝い着を掛けます。
赤ちゃんを抱いている人の後ろで結び、結び目にお守りをつけることもあります。

最近では、実用的に外出用のベビー服というのが多いようです。

付き添いは赤ちゃんが正装した場合は、紋付か留袖の正装をするのが正式ですが、無地や訪問着などの略装でも問題ありません。

赤ちゃんが洋装の場合はスーツやワンピース、無地や訪問着などで。

男性はダークスーツが一般的です。

お宮参りの後で

近くの親戚の家にお披露目を兼ねて、挨拶まわりをすることがあります。

また、自宅などでお祝いをすることもあります。

出産祝いを贈っていることが多いので、お祝い金は基本的には必要ありません。
お祝いの席に招待すれば、お返しもいりません。

お祝いの席を設けなかった場合は内祝いを返すこともあります。

Topに戻る