HOME冠婚マナー>お見舞いと快気祝い

お見舞い


慣習


お見舞いの前に

家族に病状をたずね、お見舞いに行っても差し支えないかを確認します。具合が悪い時にはお見舞いを控えた方がよい場合もあります。病状が回復してきて退屈している場合は、お見舞いに行くと喜ばれます。

病院の面会時間も確認しておきましょう。

お見舞いの注意点

あまり長居をすると、相手が疲れてしまうので、20分〜30分程度で帰るようにします。

また、大部屋で他の患者さんと一緒の場合は、他の人に迷惑にならないよう配慮が必要です。

お見舞いの品

花を持っていく場合には、花瓶がいらないアレンジメントフラワーが喜ばれます。ただし、最近は花からの感染症を防ぐということで、花を病室に持ち込むのを禁止している病院もあるので、注意が必要です。

食べ物を持っていく場合には制限がないか家族に確認しましょう。
果物などは食べやすくて喜ばれます。 

簡単に読める軽めの雑誌や本など、退屈をまぎらわせるものも適しています。

その他、自分専用のカード式テレビがある場合にはそのカードも実用的です。 

お見舞い金の相場

3,000円〜10,000円

快気祝い

快気祝いの時期は退院したり、職場復帰してから2週間以内を目安にします。

お見舞いの1/3〜半額程度でお返しをします。
「すっかりよくなった」「後に残らない」という意味をこめて、食べてなくなるもの、使ってなくなるものを贈ることが多いようです。

具体的には、お菓子やコーヒー・紅茶、石鹸などが一般的です。

のしの水引きは紅白の結びきり(一度でよいことなので)、表書きは「快気祝い」「快気内祝い」。

退院しても自宅で療養する場合や入院が長引く場合、又は本人が亡くなってしまった場合には「御見舞御礼」としてお返しをします。

快気祝いでもお見舞い御礼でも下段は病気だった本人の姓を書きます。

Topに戻る