HOME冠婚マナー>のしと水引

のしと水引


のし

のしはあわびを平たくのばして、天日干しにした「熨斗鮑(のしあわび)」の略です。昔は、 のしあわびを包んだ和紙を贈答品に添える風習があり、この和紙だけが現在の「のし」として残りました。

贈答品が生もの(鮮魚、精肉)の場合、弔辞全般、病気見舞い、災害見舞いの時はのしは不要です。

水引

結び切りは簡単にほどけずに一度限りという意味で、快気祝い、婚礼関係で使用します。

蝶結びはすぐにほどけることから、何度起こってもよいお祝いごとで使用します。
具体的には、出産、入園入学、長寿祝い、新築などです。

Topに戻る