HOME冠婚マナー>長寿祝い

長寿祝い


慣習

長寿祝いはこれまでの長寿に感謝し、更なる人生の健康と長寿を願うお祝いです。

長寿のお祝いは数えで61歳、満年齢60歳の還暦からです。

一般的に長寿祝いは数え年で祝いますが、最近では満年齢で祝うことも多くなっています。 ただし、還暦だけは数え年で祝います。

お祝いの時期

食事会やパーティーをする場合は、誕生日前から誕生日当日までで、家族の都合に合わせてセッティングします。
プレゼントをする場合は、食事会・パーティーの当日か、誕生日前に贈ります。

贈るもの

時代とともにプレゼントも多様化しているのが最近の傾向です。

慣習として行われているのは、還暦は赤、古希・喜寿は紫、米寿は茶など、長寿を象徴する色でプレゼントを選ぶ形式です。

ただ、日常でも使える抵抗のない色を選ぶ傾向が強くなっています。

例えば、還暦祝いでも真っ赤ではなく、えんじやワインレッドのカーディガンやベストのように赤系統ということでプレゼントを選んだり、赤をアクセントで使った商品(スカーフ、マフラー、帽子、傘など)を贈ったりすることが多くなっています。

その他、旅行のプレゼントや趣味の品、高額な家電や時計なども喜ばれています。

プレゼントをお探しの方は、プレゼントアイデアの還暦祝いをどうぞ。

お祝い金額の相場

家族・親族 10,000円〜100,000円
知人・友人 10,000円

水引と表書き

紅白蝶結びの水引に、表書きは「祝還暦」「祝喜寿」「古希御祝」等

お返し

紅白の蝶結びの水引きに、表書きは「内祝」。

寿の文字の入った紅白餅、紅白まんじゅう、お赤飯などや「寿」「喜」「米」など長寿の一字を染め抜いたふくさ、記念になる湯のみ、漆器、置物などを贈ることが多いようです。

長寿祝いの名称と由来

還暦(かんれき 数え年61歳・満60歳)
  61年で生まれた年と同じ干支に還るという意味

古希(こき 数え年70歳)
  中国の詩人・杜甫の詩に「人生七十古希稀也」に由来。昔は70歳までの長寿は稀であった

喜寿(きじゅ 数え年77歳)
  喜という字を草書体で書くと七を三つ重ねた形になり、七十七と読めることから

傘寿(さんじゅ 数え年80歳)
 傘の略字が八と十を重ねた形で、八十と読めることから

米寿(べいじゅ 数え年88歳)
  米の字をくずして書くと八十八と読めることから

卒寿(そつじゅ 数え年90歳)
  卒の略字が九十と読めることから

白寿(はくじゅ 数え年99歳)
  百から一を引くと白になることから

百寿(ひゃくじゅ 数え年100歳)
  百歳になったお祝い

(注)数え年
数え年は生まれた年を1歳として、翌年の正月で2歳とする数え方です。その年の誕生日 前なら満年齢+2歳、誕生日後なら満年齢+1歳が数え年です。

Topに戻る