HOME冠婚マナー>初誕生

初誕生のマナー


慣習

昔は、現在と違って医療や食糧事情がよくなかったため、赤ちゃんが満1歳を迎えるといことが難しく、初誕生を盛大にお祝いしました。

現在では、しきたりにとらわれず、赤ちゃんが無事に育ったことに感謝して、身内でお祝いをすることが多くなっています。

初誕生の日にお餅を風呂敷に包んで、赤ちゃんの背負わせる儀式が広く行われています。

これを「立ち餅」「力餅」といい、一升の餅をついて 、「一生食べ物に困らな いように」という願いが込められています。

現在では、お餅をつくのもなかなかできません。和菓子屋さんで注文を受け付けています。

お祝いメニュー

ケーキやごちそうでお祝いするのが一般的になっています。

贈るもの

招かれたら、おもちゃや絵本などを贈ります。

お返し

おもてなしがお返しになるので、それ以外は必要ありません。

Topに戻る