長寿祝いのマナー。長寿祝いの名称とプレゼントなど

長寿祝いのマナー

長寿祝いのマナー。
若々しい中高年が増えている昨今、長寿祝いに抵抗のある人も。
お互いに気持ちよくお祝いをしたいものです。
お祝い金額の相場、プレゼントや表書き、お返しなど、迷った時の参考にして下さい。

慣習

長寿祝いはこれまでの長寿に感謝し、更なる人生の健康と長寿を願うお祝いです。

長寿のお祝いは数えで61歳、満年齢60歳の還暦からです。

長寿祝いは数え年で祝っていましたが、最近では満年齢で祝うことが多くなっています。

(注)数え年 
数え年は生まれた年を1歳として、翌年の正月で2歳とする数え方です。その年の誕生日 前なら満年齢+2歳、誕生日後なら満年齢+1歳が数え年です。


長寿祝いの名称と由来

年齢 名称 由来

60歳
(数え年61歳)

還暦(かんれき) 数えで61年で生まれた年と同じ干支に還るという意味
70歳 古希(こき) 中国の詩人・杜甫の詩に「人生七十古希稀也」に由来。昔は70歳までの長寿は稀であった
77歳 喜寿(きじゅ) 喜という字を草書体で書くと七を三つ重ねた形になり、七十七と読めることから
80歳 傘寿(さんじゅ) 傘の略字が八と十を重ねた形で、八十と読めることから
88歳 米寿(べいじゅ)  米の字をくずして書くと八十八と読めることから
90歳 卒寿(そつじゅ) 卒の略字が九十と読めることから
99歳 白寿(はくじゅ)  百から一を引くと白になることから
100歳 百寿(ひゃくじゅ) 百歳になったお祝い 

長寿祝いを贈る時期

食事会やパーティーをする場合は、いつ行うかといった特別な決まりはありません。
誕生日の前後やお正月など家族が集まりやすい日で開催して問題ありません。

プレゼントをする場合は、食事会・パーティーの当日に渡します。
プレゼントだけを贈る場合は、誕生日にあわせて贈ります。


お祝い金額の相場

両親 10,000~100,000円
祖父母 3,000~30,000円
親戚 5,000~20,000円
友人・知人 5,000~10,000円
職場(数人合計) 10,000~50,000円

注1)個別の事情やつきあいの程度によって、実際のお祝い金の額には違いがあります。
注2)All About(富田いずみ氏), kakaku.com(コミニュケーション研究家 尾塚理恵子氏)、Benesse l ife Smile Shop(現代礼法研究所 岩下宣子氏)、冠婚葬祭おつきあいとお金のマナー(早井千代子氏)参照


長寿祝いのプレゼント

時代とともにプレゼントも贈る相手のニーズに合わせて多様化しています。
慣習として行われているのは、還暦は赤、古希・喜寿は紫、米寿は茶など、長寿を象徴する色でプレゼントを選ぶ方法です。

最近では、通常のプレゼントのように、長寿を迎える人が必要としているものを贈る家庭もあります。

その他、旅行のプレゼントや趣味の品、高額な家電や時計なども喜ばれています。


水引と表書き

紅白蝶結びの水引に、表書きは「祝還暦」「祝喜寿」「古希御祝」等


お返し

紅白の蝶結びの水引きに、表書きは「内祝」。

寿の文字の入った紅白餅、紅白まんじゅう、お赤飯などや「寿」「喜」「米」など長寿の一字を染め抜いたふくさ、記念になる湯のみ、漆器、置物などを贈ることが多いようです。