成人祝い


成人祝いのプレゼントを選ぶ

 
  成人祝いに人気のプレゼントを探す
   
  男性への成人祝い
  女性への成人祝い
   
     

成人祝いの由来

成人祝いは「一人前の大人になったことを祝う儀式」です。

昔は成人式を「元服の祝い」といいました。
平安時代の貴族社会では、 一人前の大人と認めるために、男子が髪を切りそろえて冠をかぶる儀式をとり行いましたが、冠をかぶることを元服と呼んだことに由来しています。

その後、武士の時代になると、前髪をそり落として月代(さかつき)を剃る=額の生え際の冠があたる部分を半月形に剃ること、が成人の証となりました。
元服を迎えると、髪型や身なりを大人として変えると同時に、幼名から成人名への名前変えを行いました。

一方、庶民・農民では15歳前後で、実際の仕事に見合ったことができる年齢が成人とされました。

昔は現代に比べて、「成人になる」基準が厳しく定められており、年齢というより、一人前の大人として生活できる能力や、人のために尽くすことができるといった社会性が重要視されていたことが特徴です。

現代の成人式は、1948年に制定された国民の祝日に関する法律の中で、成人の日が定められたことにより始まりました。
現在では、1月の第2月曜日と決められ、市町村単位で20歳になった男女をお祝いする式が行われています。

Topに戻る